« 浜田省吾のコンサートツアー | トップページ | 無条件の愛情 »

2005年10月14日 (金)

ブラック・ジャック

息子の鼻がまた詰まりだした、アレルギー性鼻炎である。
前回の通院から2ヶ月、またしばらく通うのか・・・
シングルになってから、適当に目に付いた耳鼻科に連れていった。
新しい建物、腰の低い若い医師で設備もハイテク、鼻や耳の中がモニターで見られる、
待合いにはバカでかい液晶TV、キレイな若いナースがいっぱい・・・
で、しばらく通ったのだが、良くならない。
惜しかったが医者を変えた(何が惜しいって?)
次に行った医者がクセ者だった、マスクをしたまま独り言のように話す。
それも無表情で、治療も乱暴、とにかくえらそー。
痛がる子供に「それじゃできないよ」みたいなことを言って怒る。
設備も俺が子供の頃通った病院と変わらない、今時ドーナッツミラー頭に付けてる。
(ドーナッツミラー=言い得て妙だな、正式名称は知らないのだ、まあ通じるだろ)
だが、効いた。1ヶ月程がまんして通ったがすっかり良くなった。
(アレルギーなんで完全に治ったワケではないが・・・)
息子に「あの先生、態度ワルいけどウデはいいな」と言ったら。
「医者ってそんなモンだよ、ブラック・ジャックだってそうじゃん」
「そ、そうか・・・そうだな・・・」
(会計は前のトコより安かったが・・・)
後で人から聞いたが、ワリと有名な医師らしい。
(ウデが良いのも、態度がワルいのも・・・)
最近じゃ俺も慣れてきて、あまり気にならなくなった。
いつか笑わせたろかい、とフイに思った今日である。

|

« 浜田省吾のコンサートツアー | トップページ | 無条件の愛情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138774/6401705

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ジャック:

« 浜田省吾のコンサートツアー | トップページ | 無条件の愛情 »