« 光と影 | トップページ | ナビキャラのエリ »

2005年11月 2日 (水)

te
数年前から手荒れに悩んでいた、仕事柄、手は酷使する。
若い頃はなんでもなかったのに。
ある日突然荒れるようになった、小さな水泡ができ、
やぶれて皮膚がボロボロになる。カナリカユイ・・・
シャンプー剤やパーマ液がしみる・しみる、絆創膏だらけだった。
皮膚科に行くと、異汗性湿疹だとか、自律神経失調症だとか言われて薬も飲んだ。
だが、根本的には治らない。で、医療用グローブが必需品となった。
いちいちグローブをするのは煩わしいのだが、おかげでキレイな手になった、
水疱は完全にはなくならないがおおむね良好だ。
家事をするときも洗車をするときもグローブを使う。
特定の物質で荒れるのではなく、刺激そのものが原因らしい。
一時はこの仕事辞めようかとも思った、実際、手荒れが原因で辞める同業者もいる。
何年か前、妻にこぼしたことがあった、ぼそっと・・・辞めようかな、と
ホンキで言ったワケじゃない、言ってみただけ、
たまには弱音でも吐いてみせるかと思っただけ。
ボロクソに反対、勤めに出て中途採用で今と同じ給料取れるのか、と・・・
まあ、風邪をひいても怒る女だったから、優しい言葉など期待しなかったけどさ。
とりあえず、騙し騙し使うしかないのだ。そう考えてみると他にも騙し騙し使ってるところがいくつかある。
右足裏の古傷だとか、目や腰、これはトシのせいか・・・
そういえば42才、もしかして厄年?全然気にしてないし、信じてもいないが、20代の時と違うのは明らか。
そろそろ一度ドックにでも入ってみようか?思っちゃいるが腰が重たい。
寝酒をやめてみたり、適度に運動したり、健康的な生活を心がけているつもりだ。
精神的にも健康にならなくちゃいかんな、ストレスも適当にはきださないと。
たまには、遠くに住む古い友人と飲み明かすのも悪くないか。

|

« 光と影 | トップページ | ナビキャラのエリ »

コメント

つんさんこんばんは。職業病とはいえ痒いのは嫌ですね。私は痛いのよりも痒い方が嫌いです。痛いのはどうにかなるけど痒いのはイライラするから・・・。もう2年くらいたつのかなぁ。仕事帰りに便意をもよおして、しかも渋滞にはまり限界を3倍くらい超えて、走馬灯の様に今までのつらかった経験が頭をよぎり、全てが限界にまで達して、まばたきも忘れ、息も絶え絶えガススタのトイレに転がりこんだ時には・・・自分でも目を疑う光景が・・・。頭皮・手足・・・全身の膨隆疹。毒素による蕁麻疹が全身に。同時に寒気と呼吸困難とに襲われた。家につくと、今度は体が熱い熱い!・・・そして、かゆいかゆい!!12月の真冬というのに裸になって冷水をあびた。気持ちよかったが、その後は寒いだか熱いだかなんだかよくわからんくなった。今、考えてもその行動はなにかがおかしい。痒みは人をおかしくする!?毎年、寒い時期になると思い出す事件です。飲み会で話題がなくなった時には話題にしてみて下さい。追伸:救急外来にかかりました。そして、一睡もできずにその日は夜勤に行きました・・・

投稿: なふぅ | 2005年11月 3日 (木) 21時00分

恐ろしい体験談をありがとう、飲み会での話題にはちょっといたしかねるけど、教訓として覚えておきましょう。ホント、カユイのはイライラする。ダメと解ってもヤケクソで掻いてしまう。この世から医療用グローブが無くなったら、たぶん転職します。

投稿: つん | 2005年11月10日 (木) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138774/6851055

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 光と影 | トップページ | ナビキャラのエリ »