« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月17日 (火)

AMBITIOUS

今回のタイトルは、浜省路線からはずれHOUND DOGなのさ♪
息子がナワトビのあるワザを練習していたが、なかなか出来ず悔し涙を流したとき、
この歌のシングルCDをプレゼントした。
「お父さんが昔好きだった歌だ、アキラメたくなりそうになったら思い出しな。」
エラく気に入ったらしく、しばらくはヘヴィーローテーションだった。
で、何ゆえAMBITIOUSなのかと言うと。
初トライのスノボの最中に、久々に思い出したからである。
そう、行ってきたのさスノボに!
只今、打ち身と筋肉痛で体ガクガク・・・足ヘロヘロ・・・
とにかくよくころんだ、初めてスキーをした時よりも!
しかもイタイ!スノボのビンディングってころんでもはずれないのだナ。
おかげで、何度も足を変にひねってしまった。
スキーだったら、へっでもないゲレンデで悪戦苦闘。
それが悔しくて悔しくて・・・
1日で、なんとかターンできるようになった、ヘッピリ腰ではあるが・・・
それにしても・・・ケツ、痛ってぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

Snowbound

先日の連休の1日、子供達つれてスキーに行って来た。
息子は2度目、娘は初めてのスキー、そして父もまともに滑るのはかなり久しぶり。
2人をスクールにぶちこみ、1人ゆうゆうと滑りまくった。
俺が教えると、ついついキビシクなってしまうし、子供も甘えて反発する。
第一、自分が滑れない。いや、それ以前に自己流派なので基本が教えられない。
午前と午後のレッスンが終わり、少しだけ一緒に滑った。
息子はもう1人でリフトに乗って、下まで滑ってこれるようになっていた。
娘も、あぶなっかしいけど、しっかりボーゲンしてる。
度胸は兄を上回るほど!
次が楽しみである。
で、父は今年からスノボも始めることになった。
新しく何かを始めるのは、すごく楽しいし、世界がひとつ広がるのも嬉しい。
今後は、子供と行く時はスキー。1人の時はスノボ、というパターンになるだろう。
1人っちゅーのも寂しいが、平日休みなので仕方あるまい。
オールシーズン、アクティブに生きる父なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

悲しみは雪のように

外は、この冬初めての雪。
子供は喜び外かけまわり、父はコタツで丸くなる。
ワケにはイカンのである、今日から仕事・・・ヒマだけどさ。
新年を迎えると共に、ひとつの別れも迎えた(またかよ・・・)
そんな確かなモノではなかったけれど、嬉しいことや、
日々の些細な出来事を知らせ合う関係を失った。
未来の可能性のひとつが消えた今、省吾のコノ歌の意味に初めて気づく。
やれやれ・・・
でも、まあ、可能性なんて無限にあるさ。結果良ければそれで良し!
まだまだ、ホントの自分を見つけちゃいないし、人生これから!
とりあえずiMac買っとこ♪お年玉・お年玉・・・
シングルパパ2年目に突入なのである!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »