« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

少年の心

Saab
月曜の朝 子供を学校に送り出した後
ウォーキングがてらサーブを取りに行く
昨日までの雨がウソみたいな快晴
眠れないどころか熟睡だった
おかげで身も心も軽い
友人のサービス工場で待っていたのは
見違えるようになった900S
(だからって900ccではない2000ccである)
10年働いてくたびれていたのに
さすが我が友 頼んだ以上のコトをしてくれた!
(と思う・・・)
早速ドライブ
ちょい大きめのエンジン音も
ちょい重ためのステアリングも
父には心地よく感じられる
帰宅したら学校から帰ってきていた娘が飛び出してきた
「カッコイイ!」
車内のチェックが始まり ああだこうだと言いながらも満足げな様子
息子はPCに夢中で見向きもしない
どうやら娘の方が車好きのようだ
新車登録から10年を経て第2の人生(?)が始まったサーブ
結婚後10年で破局し、これまた第2の人生がスタートした父
不思議な縁である
(こじつけてるような気もするが)
Cimg0414
ちなみに
サーブのマスターシリンダーは変な所についている
伝統的にシフトレバーの手前に位置するのだ
こういうところが父のハートをくすぐるんだよなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

雨の日のささやき

Colt
けっこう気に入っていた
いや! 「いる」 まだ過去形ではない 
シングルになりたての頃 仕事と家事と育児に追われて
クルマに時間をかける余裕などないだろうと思った
で、手入れが楽なシルバーにしたのだ
仕方なかったワケじゃない どっちかと言えば好きな色だ
案の定、初洗車から洗車機にぶち込みワックスなんてしなかった
サーブを入手し、さらに手をかけなくなるだろうと・・・
欧州車にハマりつつある父は
「コイツを処分してフィアットかプジョー、アルファもいいな・・・」
なんてコトがアタマをよぎり、暴走寸前でもあった
と・こ・ろ・が
不思議な事に「もう少しかわいがってやるか」と言う気がわいてきた
『浮気をすると妻に優しくなる』の法則か? 浮気? したことないヨ、俺はね
で、「よく見りゃ、やっぱイイじゃんこのクルマ」となった
フロントピラーが太いうえに傾斜がキツく、右折時には身を乗り出さないと見えないとか、高速での安定性がイマイチだとかは御愛嬌
中低速での加速はいいし、電動リアゲートは使いかって最高だし、
燃費バツグンだし、スタイルだってヨーロッパでデザインされてるし、
そもそもアチラで開発されたクルマだから欧州車っぽいのは当然
そう思ったら急にワックスかけたくなってきた
納車1年4ヶ月後の初ワックス、雨水のはじき具合がイイ感じだね
「まだまだオマエには働いてもらうぞ」と、ささやく父であった。
Key
そして、いよいよ明日はサーブが納車
今夜は眠れるかな?
「ホント、男っていくつになっても子供なんだから」
いつか娘に言われそうな一言であることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

壁にむかって

市民大学講座の「司会者養成講座」に応募してみた。
実は父、しゃべりにはちょっと自信がない。
接客業やってるくせにである・・・
口先よりも腕で勝負!と、もくもくと仕事をする職人タイプなのだ。
口が動くと手が遅くなり余計に時間がかかってしまう。
この不器用さは父のコンプレックスでもある。
不思議な事に、大勢の人前でしゃべる事はあまり苦にならないのだが、
(その場合は基本的にウケねらいである)
ところが、1対1となるとけっこう緊張する。
ましてや、初めてのお客さんならなおさらである。

シングルになってから、父はコンプレックス(壁)をひとつひとつ壊し始めた。
新しい人生には新しい自分で望むのサ。
ダイエットも、スノボ始めたのも、ブログ書く事もそんな理由から。
苦手な事にあえて挑戦する父の姿を子供に見せたいからでもある。

そんな時、この講座を見つけた。
講師はフリーアナウンサーのアノ「杉山 直」氏!
以前、K-MIXでよく聞いていたぞ。
人気の講座で毎年定員オーバーで抽選だそうだが、運良く当選した。
昨夜、第1回目の講義があった。
ナマの杉山直氏は、やはり魅力あふれる人物だ。
よく通るハリのある声、巧みな話術、どれも父には無いモノである。
全10回の講座が終わる頃には、新たな自信を持つ父になる予定だ。

「壁」は自分自身が作りあげたモノ
その「壁」を壊すことができるのは自分自身だけだ
たとえ誰かが自分の前に「壁」をたてたとしても
それを高くするのも低くするのも自分自身のココロひとつ・・・

と言うワケで、今日から壁にむかって
「あ・え・い・お・う」と発声練習をする父なのである
(その壁のことかよ・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

iMacライフ

20060524_0854
父のPC歴は長い
かれこれ20年程だろうか
初めて買ったのはNECのPC98
Windows以前のMS-DOSの時代だった
Windows95が登場し
インターネットが世に広まり始めた頃
IBMのPCと
AppleのPower Mac7600/120を同時に手に入れた
IBMは会計などの仕事用
Macは趣味の音楽用のつもりだった
ちなみに新品のメーカー製Windowsマシンを買ったのは
後にも先にもこの1台だけだ
PCにハマった父はソフトを使いこなすというより
ハードをいじりまわす日々となった
父にとってWindowsは
優等生だが面白みに欠け仕方なく使うモノである
かたやMacはそのデザインからして父を魅了して止まない
フリーズしても「しょうがねぇなぁコイツは」で済むのである
新品・中古を合わせて何台ものMacを所有してきた
ちょいマニアでもある
今年になってiMacの現行モデルがメインマシンとなった
実はコイツWindowsXPが起動する!
これまでもMacOS上でWindowsを起動することはできた
(高価なソフトが必要だったからやらなかったけど)
コレは違う!MacがWindowsマシンに変身するのだ!
コアなマニアは邪道と言うかもしれんが
基本的に新し物好きな父には関係ない
これまで父のデスクにはMacと自作PCが並んでいたのだが
今はコイツだけ
1台で済むというのはアリガタイ
Macを使い続けるのはイミがある
「だってみんなWindowsなんだもん」  
好きな言葉は 『小数派』 
こんなところでも天の邪鬼ぶりを発揮する父である

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

その名はサーブ900S!

20060519_1047
父はクルマ好きである。
タダのクルマ好きではない、とは言っても
走り屋でもなければメカに詳しいわけでもない、
ちょっぴり人とは違うコダワリがあるだけ。
父にとってクルマとは、使ってナンボの道具である。
だからって使い方が荒いワケではない、
基本的に職人なので道具は大事にする。
性能・機能・スタイルは当然の事ながら、
車に関してはもっと重要なコダワリがある。
それは、「人と同じはヤダ!」
 駄々っ子みたいだが父には大事な事なのだ。
1日中走っていても、1度も見かけないクルマが良い。
今のクルマもそう、コルトはよく見るが、コルトプラスはあまり見かけない。
これはこれで満足してるのだが、やはりアノ車の魅力にはかなわない。
「サーブ」 ボルボと同じスウェーデンの車、外車と呼ばずあえて欧州車と呼ぼう。
北欧生まれのイカしたヤツである。
で、買ったよ。
新車?  とんでもない、 500万も出せるか!
10年オチで198000円ナリ!
セカンドカー? どっちがセカンドかわからん!
贅沢? 今時、一家に2台位は普通にあるでしょ、使うのが1人だけってハナシ。
只今、友人の整備工場で名変及び整備中。
子供たちも興味津々で早く見せろとウルサイ。
まあ、あわてるなよ。欧州車を日本で乗るにはそれなりの対策をしなければならないのだよ。
と、言いながらも出来上がりが待ち遠しい父なのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

終わりなき疾走

週に1度はプールに通い、週に2〜3回はダンベルトレーニング。
アノ中年腹はもう見る影も無い。
はけなかったジーンズもちとゆるめ、
新しいズボンを買いに行ったら76cmだった!
おかげでカラダが軽い軽い、すっかり体を動かすことが好きになった。
とは言っても、脂肪は落ちたがまだまだ貧弱、アバラが見える。
目指せ逆三!この夏は腹筋割るゼ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

Snow On The Roof

Cimg0396
3日間だけ休んだGW、1泊で飛騨のチャオ御岳スノーリゾートへ行った。
実は、今シーズンYetiがクローズしてから2度程スノボしに来ている。
今回は子供たちとスキーの滑り納めである。
天気も良く、宿も良く、雪も良く、大した渋滞も無く、
GW初の遠出だったけど、なかなか楽しめた2日間であった。
半年もすればYetiがオープン、来シーズンは親子共々ステップアップだ。
シーズンオフはプールで鍛えるべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »