« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

ピンチ!

父はコーヒー好きである、毎朝の1杯は欠かせない。
もち、ブラック党!
コーヒーメーカーが壊れてからは100均で買ったドリッパーを愛用している。
1杯分だけの湯を沸かしドリップする、メーカーより早い。
ところが!
無いっ、切らしたっ、ヤバ・・・
豆じゃなくてフィルターである。
豆がなきゃあきらめる、しかし、コレはちょっとくやしい。
負けず嫌いなのであきらめきれない、しばしどうしてくれようかと考える。
何か代用品は・・・「!」  あったあった!
父の目にとまったモノは・・・キッチンペーパー!
やるしかない!
半分に切ってドリッパーにセット、おそるおそる湯をそそぐ。
おっ、おっ、おぉ〜
できたできた、いつもと変わらぬコーヒーが!
色々工夫をするのが好きな性格ゆえ、コレは満足度高し。
こうして事なきを得た父の1日が今日もまた始まるのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

MONEY

ちょっと前にK-MIXを聴いていたら

「生きて行く上で必要なのは、お金?それとも愛?」

という問いかけがあった、リスナーからの答えも様々。
「もちろんお金!愛じゃハラはふくれない。」 
そりゃそうだ。
「愛がなければいくらお金があっても寂しいだけ。」 
確かに!
「愛する人がいればお金はいらない、金で愛は買えない。」 
うんうん。
「お金がすべてとは言わないが、お金があれば愛はいっそう深まる。」 
ほぉ〜

では、問いかけをちょっと変えてみよう。

「人として生きて行くのに必要なのは、お金?それとも愛?」

父の答えは、言わずもがな「愛」である。
金があれば豊かな生活はできる。
しかし、愛の無い生活なんざぁ父に言わせりゃ、
ただ息をするだけの生き方でしかない。
金は必要最低限あればよい、あればあるだけの生活をし、
なきゃ無いなりの暮らし方があるってもんヨ。
宵越しの金は持たねえ!ってイミではない。
金に執着するってぇことは、
自分で自分を縛ることにつながるんじゃねぇのかい?
(なぜか江戸っ子入ってるし・・・)

勝ち組=金儲けに成功、とする風潮は否めない。
じゃあ、金が無くなりゃ負け組か?
物質による幸せなんてモロいものなんだと、早く気がつけ日本人。
真の勝ち組とは、信念を貫き通すことである!
おぉ、なんかカッコイイ・・・
(間違った信念じゃイカンけどね)

てなワケで、父は金持ちではない。
肩書きだけは有限会社の代表だが、所詮しがない自営業。
(おまけに主婦も兼業・・・)
ブログ読み返してみると、道楽オヤジに見えるナ。
まあ、やれる範囲でやってるし、普段の生活はいたって質素である。
平日の昼間に仕事を抜けて、セールのチラシ片手に、
若いママさん達の群がるワゴンに突進する勇気だって・・・タマにある。
車検、保険、税金など事前に分かってる支払いの積立だってしてる。
スーパーのポイントも貯めてるし、
イレギュラーな出費がないことを祈る事も忘れない(?)
住宅ローン以外の借金を作らぬ努力もし、それに、家計簿だってつけてるゾ。
会計ソフトを使う父にとってはカンタンなことである。(さすがA型!)
毎月の出費を鑑みて、切り詰めるところは切り詰める。
やりくり上手なパパになるのだ!
えっ?いつから家計簿つけてるかって?
こっ、今月から・・・
それもまたA型である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

iPodなの

Audio
サーブのオーディオはラジオとカセットだけである
10年前のクルマだから当たり前か・・・
あいにくコイツには純正以外のオーディオはつけられない
改造して2DINのナビを付けるツワモノもいるらしいけど
元に戻せないので父としてはそこまでやるつもりはない
カセットだって父にとっては幸いである
なにしろ、20年以上前のテープを今も多数所有している。
1本1本に思い出があるのサ
しかし、CDを聴きたくなったら?
今さらカセットにダビング、という作業はちょっと・・・
Photo
そこで登場!iPod nano!!
iMacと一緒に買っておいたiPod nanoにやっと出番がきた
基本的にヘッドホンステレオは好まない父である
周囲の音が聞こえないというのは
危険であり不安を感じる

じゃあなんで買ったのって? ・・・

                    いいじゃん、そんなコト・・・

そして、nanoの相棒 「Tune Base FM」
FMトランスミッターと電源とホルダーが一体になったヤツ
こんnanoが欲しかった!(おいおい)
アップルストアで見つけて即買いだったね。
これでサーブのラジオを使って
nanoに入ってる膨大なライブラリが聴けるのだ。
調子? ナカナカ良いよ!
たまに音キレるけど・・・
ようやく居場所を見つけたなのnanoである。   ・・・ん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

HELLO ROCK&ROLL CITY

受け入れるか それとも 吹き飛ばすか!
と、浜田のアニキは歌うけど
父だったら受け入れながら吹き飛ばす!

父はあるイミ野心家である
そう、野望があるのだ!
それは・・・「世界征服」
いや別に、世界を手中に治めようとか、
牛耳ってやろうとかってワケではないし。
ジコチューでワガママな生き方がしたいワケでもない。
誰にも束縛されず思い通りの人生を歩きたいだけである。
(ドコが違うって? 違うのヨ!)
でもさ、社会生活してりゃしがらみだらけじゃん。
確かに・・・
いや、そんな表面上のコトではない。
魂のモンダイなのだ!
どんなにハードでヘヴィーな状況に置かれようとも、
縛られてると捉えてしまったら前に進めないやね。
・苦しみを楽しみに変える
・自分で自分を縛らない
・他人の言動に振り回されない
それが父の結果的「世界征服」である。
何人たりとも父の魂を拘束することはできないのだ〜!
と言う生き方が目標なのだが、まだまだ人間修行中。
未熟モノな父であります!
(軍曹かい!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

星の指輪

父の大好きな浜田のアニキのこの曲
妻に恋し続ける夫の想い、女性ファンの人気も高い。

時々ぼそっと子供達が「お母さん欲しい」と言う
「お母さんに帰ってきてもらいたいのか?」
「違う!新しいお母さん!アノお母さんはもういい!」
母親の怒りを買い、フォークの先を目の前に突きつけられ父の職場まで逃げてきた息子。日々そんな事を目の当たりにして、言いたい事も言えずイイコを演じてきた娘。
「お父さんはお母さんと結婚しなければよかったと思ってる?」
人生に無駄な事など一つもない、父の人生においても元妻との結婚は必要で意味があったはず。
でもここはひとつ、こう答えておこう。
「めちゃくちゃ思ってるぞ〜!」
「でもそしたらわたしたち生まれて来なかったじゃん!」
「そんなことないよ、オマエ達はお父さんの子供として生まれるって自分で決めて生まれてきたんだから、お父さんが違う人と結婚したとしても、オマエ達はこの家に生まれてきたはずだよ。もしかしたらオマエは男の子でお兄ちゃんはお姉ちゃんだったかもしれないね。」
「ふ〜んそうなんだ、わたし、弟か妹が欲しいから早く再婚して!」
って言われてもなぁ・・・
再婚したくないワケじゃない、いずれはするつもり。
ただ、今はアセってないのだよ、ワルいけど・・・
まあ縁があったらそのうちするでしょ的なノリである。
人には大変でカワイソウな人生に見えるらしい、
でも父は今の生活にけっこう幸せ感じちゃったりしてるのヨ。
状況に負けない事が真の幸福なのさ!

でも、いつか
星の指輪をあげたいと思える人と出会いたいものである・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

太陽の下へ

ブログ始めて9ヶ月 ようやくカウンターを設置
へぇ〜こんな事もできるんだ!と感心してしまった

それはそうと 本日は大事なイベントなのに
5時に起きるつもりが気がつきゃ6時・・・
あわてて弁当作って学校へ シングルになって2度目の運動会
薄曇りだったのは幸いだ アウトドア派な父だけど
運動会みたいな場では子供たちの出番以外はヒマ
そんな時にカンカン照りではかなわない

子供たちは運動が得意な方ではない でも今日は頑張った!
一生懸命走る姿はやはり感動する 親で良かったと再認識する一日だった

それにしても重装備で気合い入ってる保護者の多い事
キャンプ用のチェアにテーブル 
一眼レフとビデオカメラと脚立抱えたオトーサン
まあ いいんだけど 相変わらずの場所取り合戦には閉口してしまう
基本的にそういう事がキライな父は弁当の時間までシートは敷かない
当然イイ場所なんか空いてないのだが「我先に!」という姿勢は好まないのだ
参観日の時でもそうだが「車は御遠慮ください」とあらかじめ連絡があるのに
平気で校内に駐車する保護者が何人かいる 
子供の前で恥ずかしくないのだろうか
「貧乏クジだってかまわないのサ」それが父の生き方である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

冷凍パラダイス

明日は学校の運動会
夕方まで仕事を抜けて行かねばならぬ
ビデオカメラよしっ!
レジャーシートOK!
弁当! ムムム・・・コレがモンダイである。
ヤツらのリクエストは
カラアゲ・コロッケ・エビフライ・ツナマヨおにぎり・・・
おにぎり以外は冷凍で済ます!
全部作れないこともないが、下ごしらえの時間がない。
といってもレンジでチンじゃかわいそうダナ
せめて油で揚げるだけになってる冷凍食材にしてやろう。
明日の朝は時間との戦いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

路地裏の少年

最近、息子がよくキレる
友達や妹を、ささいな事で怒鳴ったり、ときにはびっくりするような罵り方したりする。
自分でもわかっているようだが、感情が高ぶるとおさまりがつかないらしい。
自分の言った事が相手に伝わらなかったりした時に怒りだす。
情緒不安定な原因に心当たりがある。
すまん息子よ、ソレは全部父のせいだ。
このところオマエの話しをよく聞きもしないで一方的に怒ってばかりだったな。
確かに、何度言っても忘れ物は直らないし、約束もついおろそかにするオマエだが、
いっぱいある良い所をろくに誉めず、欠点ばかり指摘していたよ。
「ボクの話しを最後まで聞いて!」って何度も言ってたのに、
言い訳に聞こえて、いつも途中で話しをさえぎってしまった。
ゴメンな・・・
サインを出してくれていたのに気づいてやれなかった。
お父さん、ちょっとウルサク言いすぎてたよ。
これじゃあアノお母さんと同じだな、反省反省。
せっかく、誰の顔色もうかがわずに暮らせるようになったんだから、
言いたい事が言える家族にしていくよ。
お父さんはオマエの笑顔が大好きだぞ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »