« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月26日 (水)

パーキングメーターに気をつけろ

※(注)タイトルの多くは、浜田省吾を中心に父の好きなアーティストの曲名や歌詞の中から頂いてるのだけど、その歌詞の内容と本文は脈絡が無いことの方が多いので深読みはなさらぬようお願い申し上げます。(笑)

ってコトで本文のはじまり・・・

静岡駅南口のスタバを利用する機会が多々あるのだけど、
店員さんの対応がそれぞれ違って面白い。
「アイスコーヒー、トールサイズで。」
「こちらでお召し上がりですか?」
「持って帰ります」
ココからである。
黙ってバックに入れてくれる店員もいれば、そのまま差し出される事もある。
シロップとミルクが必要かどうか聞いてくれる人もいれば、
「あちらのコーナーにございますので、ご自由にお使いください」の人もいる。
親切にストローをさしてくれた店員さんもいた。
うーむ、なんでこんなにマチマチなのだろう・・・
これから駐車場に向かう父にとって、料金を精算するのに片手にコーヒーではちと不便。
「バックにお入れしますか?」 と聞いてくれりゃ
「お願いします」 だけど。
「このままでよろしいですか?」 だと、
「あ、はい・・・(たかだかコーヒー1つにバックはもったいないしな、まあいいや)」
どうしても必要なら要求するが、多くの場合どちらでもいいのだ。
ただ、注文してから代金を払って受け取るまでの1分間にも満たない時間を
ちょっと楽しみにしてるだけなのである。
良いところも悪いところも自分の仕事の参考になるしね。
司会者養成講座に参加したら、こんなコトが気になるようになった。
そして、今まで店員さんになかなか言えなかった「アリガトウ」の一言と、
笑顔が出せるようになりました。(照)
   

Photo_1SAABのドリンクホルダーにピッタリ。
ホントはエアコンホルダー好きじゃないけど仕方なし。
9-3以降は、確か引き出し式のドリンクホルダーが付いてるんだよな。
このホルダー、加重がかかってれば安定してるけど、
カラになると少し持ち上げただけで簡単にはずれちゃう。JOMOのCMに出てくる水色のボルボ240(かな?)に、なんともシンプルなドリンクホルダーが登場するけど、アレいいな・・・

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

BASEBALL KID'S ROCK

久しぶりに、息子とキャッチボールをした。
この1年のドタバタ生活で、
まともに練習の相手をしてあげられなかったからホントに久しぶりだ。
別にリトルリーグとかに所属しているわけではない、
ただの子供会のソフトボールチームである。
松井やイチローの本などを好んで読む息子は、サッカーより野球が好きなようだ。
3年生の頃はキャッチボールもヘタクソで、
何度も捕りそこなってはボールを体にぶつけていた。
「もうやめるか?」
と聞いても、痛みと悔しさの涙を拭いて首を横に振った。
そんな息子の姿に感動し、父親である事の幸せを再確認したものである。
5年生の今、少しは上手になってるだろうとは思っていたが、
少しどころではない!かなり上達している!
フォームはでたらめだけど、しっかりと相手の捕れる範囲に投げてよこす。
スピードもあるし、上手く捕らないと手がしびれる。
こっちがホンキで投げても、多少逃げ腰だけどちゃんとキャッチする。
びっくり!である。
さすが高学年主力メンバー、頼もしくなったものだ。
大会の日も近い、応援に行ってやりたいが月末の日曜日、無理だろうな・・・
土日に子供に関わってやれないことが辛い。
この夏休みは嫌って言うほど遊んでやるからな~
カクゴしなさい!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ラストショー

映画は、洋画派。
仕事が早く終わり、子供たちは実家にお泊まりで、何も予定が無い。
と、3拍子そろったらまずは映画である。
今月はダ・ヴィンチ・コードに続いて2本目、当然 M:i-3 でしょ。
M:i-2は、さすがジョン・ウーくどい位のアクションシーンでもハラハラドキドキ。
でもM:i-3は、かなり人間臭さが出てる。イーサンのキャラ変わってない?
前作とは監督が違うからかな、て言うかこっちがオリジナルに近いのか。
子供の頃夢中で観てた「スパイ大作戦」はもっと人情的だったし、
それに近づいたような感じだった。
2のトム・クルーズはクールだったけど、3では「宇宙戦争」の時のトムに近い。
かなり感情的、でもカッコ良さは変わらないね。

基本的に映画は「1人で観る派」である。
だって、観てるとあっちこっちチカラ入っちゃうし、時々泣いちゃうし・・・
まあ、そんな事も2人で楽しめればいいのだろうけど、
そうじゃない相手と観る位なら1人の方が集中できて良い。
しかし、今日の部屋はいつもと違って初めて入る部屋だった。
全部で6部屋あるシネコンの6番目、一番小さいけど妙にシートの座り心地が良い。
肘掛けも片方にしかない。まわりのシートを見回しやっと気がついた。
これって、、、ペアシート・・・
へえ〜こうなってんだ真ん中に2人を隔てる邪魔な肘掛けもなくベンチシートみたいじゃんこれだったら2人で観るのも悪くないよな密着できるしってちくしょおー・・・・
まあ、快適に観られたからいいか。
せめて首から下はイーサン・ハントに近づく努力をしてみよう・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

磨けよなっ!

10代の頃、デートの前にはバイクを磨いた。

HONDA CB250RS-Z/KAWASAKI Z250FT/YAMAHA RZ250 & SR400 etc 

無茶と無理の区別がつかないお年頃だったが、

無法で無謀の阿呆なヤツラは嫌いだった。

20代、デートの前に磨くのはクルマになった。

キャロル360/シャレードターボ/AE86トレノGTV/ランクル60/カプチーノ etc

多種多様というか、一貫性が無いというか、とにかく色々なクルマに乗ってみたかった。

そういえば欧州車はサーブが初めてではなかった、

忘れていたがゴルフにも一時期乗っていたっけ。

代車に乗ってる方が多かったな・・・

30代になってから、クルマの他に靴を磨いた。

KIWIの保革油は火をつけて缶のフタで消し少し溶かしてから使う。

最後の仕上げは水をワンドロップ。ブラシは汚れ落とし用と仕上げ用で2個用意。

ポパイで覚えた方法だったかな。今は気合入れて磨くような靴は1足しかないが・・・

40代の今、何を磨く? 

やっぱ人格でしょ。

と言っても聖人君子になるつもりはない、ダークサイドだって自分の一面。

それを出すか出さないか、理性をコントロールしてこそオトナ。

そのうえで、自分らしさというものを見つけ伸ばすことが磨くということではなかろうか。

まだまだ磨きが足りんな。

そうか!

デートしなくなったからだ(自爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

無理だ!

♪うでたて〜うでたて〜 無理だワニのうでたて〜
ふっきん〜ふっきん〜 無理だカメのふっきん〜
できるモンならやってみなっ!ハイっ!む〜り〜だっ!む〜り〜だっ!
無理だ無理だ無理だ無理だ無理無理・・・♪

嗚呼、爆風スランプ。
昨年末に2日間だけ再結成したなんて知らなかった。
20年程前に静岡市民文化会館の3列目で見た爆風のライブは忘れられない、
願わくば再々結成を!

いつだったかな、子供たちに聞かせたら大ウケだった。
筋トレ時に思い出したい1曲でもある。
ここまで無理無理言われるとコンチクショーな気持ちになって後数回は頑張れる。
このところプールに行ってないのでせめて腕立てと腹筋ぐらいはやっとかないとな、
現状維持も楽じゃないのだ。
毎日見ている子供たちも、ようやく父のカラダの変化に気づいてきたのか、

「すご〜い、カタ〜い、おおき〜い」

風呂場でそんな大きい声出すなって、ご近所に聞こえる・・・あ、チカラコブね♪

「アノお腹はドコに行ったの〜、こぉんなに大きかったのにぃ〜」

そこまでデカくねえって、、、両手広げんなよ・・・

そして、満面の笑みで「お父さんカッコよくなった〜」
なんて娘に言われた日にゃもうでろでろ、
この笑顔のためなら何でもできるのである。

その娘が!
体調を崩し今日は学校お休み・・・
昨日の夕方、担任より職場にTEL。

「貧血で保健室で休ませてるのでお迎えお願いします。」って・・・

!!!うわわぁ〜 こんてなったい!違うっ! なんてこったい!!

朝は元気だったのに・・・
接客中ゆえすぐには動けず気はそぞろアセる父
30分後サーブをぶっ飛ばし学校到着
顔色は良くなっていたけど、お腹が痛いというので病院へ、
ぶっといかんちょーしてもらって少しだけすっきり。
疲れもあるんだろうな・・・
2年生の時は1度も学校を休まなかった娘、ガンバリ屋なのである。
でも、無理すんなよ〜
早く元気になりなさいっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

やっぱ道楽オヤジ

Cimg0432
なかなか調子良く走ってくれるサーブ900S
メインでも十分使えるな。
欧州車には前から興味はあったものの、
自分には手の届かない車とあきらめていた。
でも、http://www.0cartrouble.com/
「ゼロから始める輸入中古車ライフ」というブログと出会い
「故障させないノウハウ」を購入。
一気に身近になった欧州車、
かくして、一番楽しいかもしれない車選びが始まったのである。
セカンドカーという位置付けなのである程度冒険もできそうだが金食い車では困る。
カッコがイイのは第一条件(当然自分の主観である)
多少古くても、走行距離が多くても、見た目汚くても、
しっかり整備されてきた車。
2000cc以下のセダンかクーペで色は黒!
タイミングベルト交換のコストは大きいので、
その心配の無いタイミングチェーン採用の車。
できればMTで右ハンドル
(日本で左ハンドルは不便なだけだし、これ見よがしな乗り方は嫌っ)
総予算は50万円。(てゆーことは車体30万円以下)
などなどアレコレ諸々悩んで絞り込んだのは、 ちと妥協もあるが、
アルファロメオ155前期
サーブ先代900かNEW900もしくは9-3
プジョー406か405Mi16 ←(映画TAXiのクルマ)
この中から近県で程度の良いのを探したところ、みつかったのが
サーブNEW900。 所沢で発見!
欧州車入門用に申し分なし、ATなのがちと残念だがスタイルは最高!
ちなみに、車体価格198000円ナリ。
味わい尽くして土に帰すまで乗るか、それとも・・・
だって、アルファエンジンのサウンドだって聴いてみたいし、
猫足と言われるプジョーの足回りだって試してみたい。
どうやら深みにハマった模様である。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

朝からごきげん

午前5:30、目覚ましのベルが心地良い。
って、マズイな、この音にも慣れてきた、そろそろ換えるか・・・

朝は戦争である、何しろ朝食にたっぷり30分もかけてくれる子供たち、
6:00には食べ始めないと間に合わない。
朝食の支度をしながら何度となく声をかける、
「おはよ、朝だよ、起きて。」と、最初は優しく。
そろそろ怒鳴らんとダメか、というタイミングでようやく起きてくる、
その辺りはヤツらも心得ているらしい。
前夜に洗濯物を干し忘れると戦況は悪化する、
優しく起こす余裕がなくなるのだ。
朝からあまりうるさい事は言いたくないけど、
あまりにもグズグズしてるとついつい・・・

遅くても7:00には家を出ないと遅刻する。
娘が1年生の時は6:45に出ないと間に合わなかった、
何しろ学区のはずれだから遠い遠い、
それが何ともたくましくなったものである。
どんなにイライラしてても、子供が家を出る時は玄関で見送ることにしている。
母親がいた頃は、よく泣きながら学校へ行った子供たち。
もうそんな思いはさせたくないよな。

二人を送り出した後、ソファーに倒れ込む。
このまま二度寝できたらどんなに気持ち良いだろうか・・・
これもまた戦争、ここからは自分との戦いである。

でもまあ今日は、家事も順調にこなせたし、
子供たちに対しても一度も怒る事無く優しく送り出せた。
いつもこうでありたいものだ。
優しい心を育むには優しい心で接しないとね、
なんたって子供は親を映すカガミなのだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »