« パーキングメーターに気をつけろ | トップページ | 八月の歌 »

2006年8月 1日 (火)

さよならゲーム

日曜日は息子のソフトボールの大会だった。

大会と言っても校区の中だけの大会なので出場は4チームのみ、

なのでいきなりベスト4、準決勝からのスタートである。

案の定、応援には行ってやれなかったが、どうやら活躍したらしい。

初戦は控えで途中から交代、2打席ともノーヒットでチームも敗退。

だが、次の3位決定戦では3打席3安打!

よくよく聞くと初めの2打席は相手のエラーらしいのだが、

3打席目は会心の2ベース!チームの勝利に貢献したようだ。

帰宅した父に嬉しそうに銅メダルを見せる息子。

だが、息子のチームは去年までは優勝か準優勝で金・銀のメダルがいくつもある。

「そうか、今年は銅か、残念だったな」 と言う父に息子は、

「残念じゃないよ、3位になりたかったから銅メダルで良かった!」

な、なんで・・・

「だって銅メダルは1つもないから欲しかったんだ、これで全部そろった!」

そういうモンダイなのか・・・! 変わってるなオマエ・・・

って言うか、血は争えんな、さすが我が息子である。

去年、4年生の時クラブ活動でヤツはゲートボール部を選択した。

何故ゲートボール???

「だってゲートボール部だけが他の学校と試合ができるんだ。」

ナルホド・・・ 好きなんだな、ゲームが。

負けず嫌いで社交的、誰とでもすぐに友達になる。

気は短いが基本的に気持ちの優しいヤツなのだ。

勉強も運動も飛び抜けて出来なくても良い、どうか個性的に育ってくれ。

オマエのその独特な視点、お父さんは大好きだぞ。

|

« パーキングメーターに気をつけろ | トップページ | 八月の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138774/11194396

この記事へのトラックバック一覧です: さよならゲーム:

« パーキングメーターに気をつけろ | トップページ | 八月の歌 »