« 元気です | トップページ | 希望峰 »

2007年3月15日 (木)

彼女はデリケート

・・・ったく
小悪魔とは良く言ったモノで
ちょっとキツくいえばすぐムクれて甘やかせばツケあがる
泣いてわめいたらあたりちらしてスネまくり
抱きしめてやればしがみついてくるのにKissはNG
お姫様だっこはイヤがるくせにおんぶおんぶと背中にとまる

4月から4年生だというのにまだお腹ポッコリの幼児体型
髪も伸ばしてるとかで前髪しか切らせてくれない
ヘアサロンの娘なのに可愛くないアタマ
だんだん難しく いや面白くなる娘
いつまで一緒に風呂に入ってくれるやら
それが父の最大の関心事である

仕事終わって子供たちと帰宅するときも決まっておんぶをせがむ
荷物もあるし戸締まりもしなきゃならない
「こんなに荷物があるのに無理 早く車に行きな!」
いつも同じ答えなのに分かっていながらそれでも毎回おんぶを要求
何かのサインなのか それともただラクしたいだけなのか
(ゼッタイ後者だな・・・)
どっちにしろたまには満たしてやらないと
今日はおんぶしてやろう
荷物を置いて車まで2往復すればいいだけのことサ
「こんなとこ友達に見られたらどうすんの?恥ずかしいじゃん?」
「いいのいいの!この近くに友達いないモン!」
これもお約束の会話である

まだまだ父の背中を必要としてくれる娘
「かなわないよオマエには」と思いながらまんざらでもない父
いつまでも手の中でころがっててはくれないだろうし
もっとデリケートになるのだろうけど
だからってバリケードははらないでおくれ
いつでもちゃんとそばにいるから
適当にゆっくり成長しなさい

|

« 元気です | トップページ | 希望峰 »

コメント

うぅ・・・
父親の心境・・・
ぐっときた・・・

投稿: なふ~ | 2007年3月16日 (金) 01時11分

>なふ〜
そ〜か〜、きたか〜
パパにとっては娘はとってもスペシャルな存在なのだよ
息子よりもね
どっちが大事とかどっちが可愛いとかのレベルではなく
息子も娘もホント同じくらい大切ではあるけれど
娘は女の子というだけでスペシャルなのさ♪

投稿: つん | 2007年3月16日 (金) 10時16分

う~ん。
あたたかいストーリーに触れた気持ち。

だれにも入ることのできない領域で
それは、つんさんと娘さんだけが感じる事のできる距離感。

幼い頃
娘はパパのことを1番大好きな異性…
つまり、恋人でありたいと思うらしい。

アタシにも そんな時代
あったのかなぁ。
今は、照れくさくて
父親に なかなか優しい言葉 かける事ができないアタシ。

投稿: makky | 2007年3月16日 (金) 23時43分

>makky
優しいコトバ 是非かけてあげてください
いくつになっても娘は娘
可愛くないワケありませんから
魔法のコトバをひとつ教えてあげます
「お父さん、たまには一緒にお風呂に入ろうか。」

おそらく御辞退されるでしょうが効果絶大かと
万一お父さんがソノ気になっても

ボクは知らない・・・

投稿: つん | 2007年3月17日 (土) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138774/14272174

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女はデリケート:

« 元気です | トップページ | 希望峰 »