« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月26日 (水)

Cafe Bohemia

仕事がヒマだとついついコーヒーをドリップしてしまうcafe

一日何杯飲むのだろう 多い時で5〜6杯だろうか そんなにヘヴィーではない と思う

濃いヤツが好きだから 初めから1杯分がパック済みのブルックスみたいなのは物足りない

かといってミルで挽くのはめんどくさいし インスタントや缶はコーヒーとは認めない

味利きが出来るワケでは無いが モカはちょっと好みではない

もっぱらUCCのゴールドスペシャルかキリマンジャロなのである 安いしsmile

25年前マックでバイトしてた時 ほぼ毎日マックのコーヒーを飲んでいた

あの 味も香りもないヤツを でも毎日飲んでると慣れてしまって美味いと思えるようになる

20年前デニーズでバイトしてた時 年下の店長に提言した 「コーヒー何とかしよーぜ」って

あの頃のファミレスのコーヒーもマック同様もしくはそれ以下 時々煮詰まってるし

ところが いつの頃からか 外食産業はコーヒーに力を入れ始めた

ドリンクバーだって1杯づつ抽出する店がほとんどだし 7-11のコーヒーマシンもあっぱれだ

高速のサービスエリアにはミル挽き自販機があって寄れば必ず利用する 最初は感動した

Image061で マックのコーヒーもグレードアップした

Sサイズ100円 これで十分じゃん100円なら

コーヒー好きには嬉しい限りである

隣にスタバがあるのだが そっちは行かない 高いから

どっちにしても 庶民なヤツなのである(笑)

そんな安上がりなコーヒー好きだけど もう一度飲みたいコーヒーがある

去年のGWに泊まったペンションのコーヒーが最高に美味かった 

今年も予約したから今度行ったら聞いてこよっとear

でもきっと そこで飲むから美味いんだろうな

今日はヒマだなあ さて今度はいつものコーヒーを自分でいれるかcoldsweats01

4杯目・・・(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

旅立ちの日に

勇気を翼にこめて・・・

息子の卒業式 6年間本当によく頑張ったと思う
3年生の12月に突然母親がいなくなってからも 
荒れることもなく素直に成長してくれた
友達に意地悪されてもめげずに勇気を出してきた
いつも明るく笑って その笑顔に何度助けられたことか
そんな息子も来月からは中学生 ずいぶんとたくましく 凛々しくなったものだ

我が家は学区のはずれ 毎朝7時前には家を出る
1年生の時は6時30分に出ていた
卒業式の日は6年間歩いた通学路を一緒に歩こうと決めていたのだが 
強風のため断念 一緒に車で登校した

泣くかな〜 泣くかな〜 やっぱり泣いた(笑)
入場から卒業証書授与までは平気だったけど
卒業生が歌う「旅立ちの日に」を聞いたら 
喉の奥がキュウとなって もうダメ(爆)
ハンカチで口を押さえ咳するフリして涙を拭いた

Img_0425


スクリーンに映し出された画像
最近ではこんな事もしてくれるんだ
学校もなかなかやるじゃん


受付のときにパンフレットと一緒に手紙をもらった
子から親へ
そんなのあるなんて知らなかったからちょっとびっくり

Img_0437_2
きたねぇ字 いつも丁寧に書けって言ってるじゃん

「タイヘン」とか「せわ」って 漢字でかけよな

「中学になっても」じゃなくて
「中学生になっても」とか
「中学に行っても」だろ

最後の「よろしく願いします」って なんだよ

こーゆーところは全然変わってないんだから 

大体オマエは大ざっぱすぎる

ゲームや読書じゃすごい集中力を発揮するくせに

ケアレスミスでつまらない思いしたらつまらないだろーが

あーもうっ だからさあ だからさあ 

そんなに泣かせるなよおsweat01

「中学になっても」ビシバシやるから覚悟しなさい!

でも アリガトウ 

これからもよろしくな!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

Believe

仲間を思う気持ち 仲間を支える心 それが育まれた1年間だと思ったのだが・・・

Img_0295_2
ドジ うざいんだよ 

バカ ブス 

アホ うたおんち 

かわいいとおもって・・・


娘が「こんなのがノートにはさんであった」と・・・

そうか〜 オマエって ねたまれるほどかわいいんだ〜

と まず初めに思ってしまった親バカな父

いや でも ちょっと これは・・・

卑怯というか卑劣というか陰湿というか怨執なのか

聞けば初めてではないらしい

前回は友達の座布団の下に同様の紙があって 娘の名前が「署名」してあったと

びっくりした 小学4年生がクラスの仲間を陥れるのか

いとも簡単に無実の罪をなすりつけようとするその発想に怖れさえ感じる

やったコは軽い気持ちだったかもしれない 罪の意識もなかったかも

ただ 悪ふざけとは違うものも感じたし 

何より親として いや人として こいつぁちょいと見過ごせねぇや!

で 担任にこの物証を添えて手紙を書いた

進級も間近でクラスも仲間意識が高まるであろうこの時期にこのような陰湿ないじめにもつながりかねない事がおこったのは残念でなりません と・・・

夕方 担任から電話があった

今日はどうもありがとうございました書いた生徒もわかりました手紙を読んでピンときたんですその生徒の言い分もありますがやり方に問題があり「こんな事しても何の解決にもならないよ」と指導しました と・・・

実はどうやってホシを割り出すのか興味があった さすが担任 ピンときたんだ(笑)

しかしその生徒の言い分ってのが 

2年生の頃 娘との些細なケンカを思い出して悔しくなったから だって???

本質は 嫉妬 なんだと思う だってウチの娘ホントにかわいいし(爆)

理由はともかく しゃくにさわったり 気に入らなかったりしたんだろうな

まあでもこれでそのコがわかってくれたのならいいや

オトナの世界ではこんなこと当たり前に行なわれてるからタチが悪い

悪意があれば 自分さえよければ 火の無い所に煙はたつのである

古今東西変わらぬ構図 子供がマネしたって不思議じゃない

だからこそ 気づいた大人が対処しなければ

それにしてもいつも思うのは 親のカオが見たい ってコト

見たら思いっきり納得したこともあったなあ 

もし自分の子供がそんなことしたら とりあえずぶっ飛ばしてから鏡でも見よっと

少しくらいズルいことはしても 卑怯なマネだけは絶対無いって信じてるけどね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »