« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月19日 (水)

夏の終わりの贈り物

娘がくれたプレゼント

小さな小さな 手のひらサイズのフェルトのお守り

小さく小さく 折りたたんだメッセージが入ってた

うん 俺は間違いなく 幸せだ


Img_1165_4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

夏の終わり

午前7時に起きる予定だったが
冷気ともいえそうな風がレースのカーテンを舞い上がらせてるのに気づいたのは午前6時
いつもなら窓を閉め タオルケットにくるまって強引に再眠するのだが
今朝はやけに覚醒が早く 至福のまどろみは到底期待できそうになかった

あきらかに緊張している!・・・体は正直だ(別に変な意味ではない)

朝食はどこかのサービスエリアで適当にすまそうと思っていたが
せっかく時間があるのだからと 残り物で間に合わせることにした
子供達を起こしにいくと 2人とも 頭からタオルケットにくるまっていた 

ぼーっとしながら起きた娘の第一声は「おはよう」ではなくて
「おとーさん たんじょーび おめでとー」だった
それが聞こえたのか隣の部屋から息子の声「あ〜 そうかぁ〜 おめでと〜」

せめてベッドを出てから言いなさい・・・

まあそんなわけで46歳になったのだが できればストレスフリーな1日でいたかった
よりによってだが 諸々の事情で元家族が集合する面会の日になったのだ
おまけに いつもなら近くまで来させるのだが 今日はこちらから出向くことになっている
高速道路を100kmほど走らなくてはいけない

末っ子と会えるのは嬉しいのだが 元妻の顔を見るのはいつになく憂鬱なのである
どれぐらい憂鬱かというと

高速に乗っても一度も追い越し車線を走らなかった!
当然1台も他車を追い越していない!
速度は時速80km〜90km!!! 
ありえない・・・
しかも目的地に近づくほどアクセルがどんどんゆるんで・・・体はやっぱ正直である
おまけに事故渋滞にハマるとちょっとホッとしたり・・・心はもっと正直だ

身も心も あきらかに 嫌がってる、、、
いつもは ここまでのことはない 今日はちょっとだけ変なのでである

5歳まで育てた末っ子 もう同じくらいの年月を離れて暮らしている
しかも すでに末っ子には別のパパがいる
今は4年生 会う度に当時の面影が薄くなり 愛情さえ薄くなりつつある 
でも 俺の子だ・・・
プールで遊び 食事をして またボーリングで遊び
今日は末っ子の希望を全部かなえた

こういう時 息子はよく父のそばにいる 
みんなから離れて後方を1人で歩いていると ちょこちょこ振り返り父を気にしている
「車をとってくるからここで待ってな」と言っても 息子だけは一緒についてくる 
いつだったか「なんでみんなといないんだ?」と聞いたら
「お父さんを独りにしたくない」と・・・
その日の父のフクザツな心境を理解してくれているようだ
その優しさを妹にも少しでもかけてあげればいいのにと思うが
ありがとな・・・

帰る時間となり いつもの3人家族 突然息子が問いかける
「おとーさん 今日の感想は? 弟と会えて良かった?」
感想ってオマエ・・・ そりゃ会えてよかったよ
でもさ けどさ 「あ〜終わった〜!!!」ってのが本音だな

帰りの高速はいつものように追い越し車線まっしぐら
オレンジサンセットを追いかけながらアクセル踏めば
さっきまでの重い気分がウソのよう
ストレスもサービスエリアに捨ててきたし
夏休みも もう1日残ってる

明日は 明日こそは 思う存分朝寝坊するぞ〜!!!!!


あ・・・ラジオ体操があったか(泣) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »