« 2012.4.15 SUN 第7回掛川・新茶マラソン | トップページ | 夕暮れ時はさびしそう »

2012年6月 5日 (火)

2012.6.3 第3回富士忍野高原トレイルレース

なんか 走りのネタばかりになってきたけど
まあいいじゃないか・・・

ということで参加してきました 忍野高原トレイルレース
それもよりによってロングコース(31.7km)に
エントリーしたのがヒザを故障する前だったので まあイケるだろうと
はっきりいって調子に乗っていた時だった
しかし 甘くはなかった 辛かった上にしょっぱかった
もとよりリタイアは覚悟の上で挑んだ初トレイル 案の定のDNF・・・
(DNF=業界用語で「棄権」の意味らしい)

Img_0417web_2

7:40忍野中学校をスタート 最後尾に近い列に並ぶ
雨はまだ降ってないけど時間の問題である
ハナから降ってりゃカッパも着るが 
パタゴニアのトラバースジャケット(B級品)をバックパック入れた
こいつでどこまで凌げるか検証したいのである

Img_0420web

林道をしばらく走り まもなく気持ちよく視界がひらけた
晴れてさえいれば 晴れてさえいれば

Img_0422web


富士山をばっちり望めたはずが雲の中
海側からはいつも見てるけど 反対側はあまり見る機会がないので残念である

ちなみに 裏側とか表側という表現は好きではない
富士山にウラもオモテもあるかい!
同様に「地球の裏側」なんていう言い方も嫌いだ
地球のドコがウラでドコがオモテなんだい?
TV等でアナウンサーがしゃあしゃあと言ってるのを聞くと首を傾げてしまう
せめて「日本の反対側」とか言えばいいのに

なんてことを思っていたら名物?の大渋滞
マナーは大変よく追い越していくランナーは1人もいない

Img_0427web

この頃から雨が降り出してきたのでiPhoneをジップロックに入れジャケットを着る
杓子山近辺からはけっこうな降りになってきたけどなんとか撥水している
ただ かなり後方を走ってるせいで道がドロドロのグチャグチャでズルズルな状態
登りも降りも滑ること滑ること シューズなんかチョコレート色に染まってるし
だんだんサバイバルレースっぽくなってヤケっぱちな雰囲気もまた楽し
普通の登山なら完全防備だけど おかまいなしに泥だらけなのだ

しかし そんな楽しさも長くは続かず 11km地点の二十曲峠過ぎてからヒザ痛再発
走れるべき降りで走れなくなった 登りで前のランナーに追いつくも降りで置いていかれる
それどころか後から来たのに追い越され 泣くのが嫌ならさあ歩け状態
自分が最後尾ではないかとさえ思う

長い長い降りを経てたどり着いた19km地点の第一関門
制限時間はスタートより5時間だが 16分ほどオーバーしていた
時計はあったが??? 
それが経過時間ではなく現在時刻だとはうじゃうじゃな頭にはピンと来ず
失格とはわからず走り出してしまった
コース上の少し先にあるトイレに寄ったのだが 
まさかそこからまた走り出すとは役員さんも思ってなかったようで
500mほど走ったところで見つかってしまい車で追いかけてきた ちっ・・・
「すみません 終わりなんです・・・」
「えっ?だって誰も何も言わないしチップも回収しなかったですよ~」

ここで初めてさっきの時計が現在時刻を表示していたことに気付く
時計があるから分かるだろうと思っていたのかもしれないけど
走ってる最中は食べ物のことしか頭にないんだから
関門に着いた時点で終わりなら終わりと告げてください
ランナーは糖分を脳にまで回していられないのです

足りなかったのは16分 見つからずに走り抜けていたら面白かったのに
がっくりしてたら後から到着するランナーも何人かいた ビリじゃなかった
回収車に乗せられゴール地点の忍野中学校まで向かう途中
まだ走ってる多くのランナーが見えた
次々とゴールし完走者だけがもらえるタオルを受け取っていた
それを横目に見ながらゴールゲートを外側から通り過ぎた

覚悟していたとは言え 初めて味わう敗北感
ミドルコース(21km)だったら完走できたと思うけど
これはこれで経験値があがったってことで良しとしよう
まあ 楽しかったしね

で 冒頭のDNFだけど 何の略かって?

Dynamic Nanchatte Finish

である!


|

« 2012.4.15 SUN 第7回掛川・新茶マラソン | トップページ | 夕暮れ時はさびしそう »

コメント

つんさま、お疲れ様でした。
過酷なレースだったのですね…(u_u。)
水戸黄門の歌詞状態だったのにレースをあきらめなかったつんさんの気概に、ただただ拍手をおくりたいです。
写真を見ると、ウォーキングするには良さそうですね。
つんさんの汗と涙のしみ込んだ同じ道程を、今度歩いてみようかな…。
疲労困憊していても、仕事と子育てと家事に休みはありませんから大変ですね。心から応援しています。
(*゚ー゚*)

投稿: suko | 2012年6月 7日 (木) 18時57分

>sukoさん
ありがとうございます。
もし走りきっていたらまた調子に乗るところだったと思います。
すべて一からやり直す機会を与えられたと思うことにしますよ。
またひとつリベンジするレースが増えましたけど(笑)

投稿: つん | 2012年7月12日 (木) 18時33分

悔しくてリベンジに燃えると
トレーニングにも熱が入ると思います。
目標があると頑張れるね。
一緒に走ることは出来ないけど
笑顔でゴールができるよう応援なら出来ます!
頑張れつんさんの膝小僧~\(^o^)/

投稿: | 2012年10月18日 (木) 15時33分

応援ありがとう!
気持ち以外の物も受け付けてます(笑)
挫折はガソリンなので燃やすものがあって前に進めるのですよ(*^ー゚)b

投稿: つん | 2012年11月 1日 (木) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138774/54882316

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.6.3 第3回富士忍野高原トレイルレース:

« 2012.4.15 SUN 第7回掛川・新茶マラソン | トップページ | 夕暮れ時はさびしそう »