2012年11月 1日 (木)

夕暮れ時はさびしそう

別にさびしくはないけど
NSP知ってますか?(笑)

毎年この時期には決算のデータ入力に追われていたのだが
今年はもう完了しすべて会計事務所に提出済みなのである
この異例な速さは たぶん 過去最速
まあ早めに始めたので当たり前だが 
それでも約1年分を溜めていたことには違いなく 
今期こそは毎月コツコツと入力しようと 毎年思ふ 秋の夕暮れ

そろそろ木枯らしも吹きそうな人肌恋し いや、、人恋しい季節
リビングのカーテンを明るく暖かい色に替えてみた

Photo

かなりお片づけしました(^-^;

ただ 我が家のこの窓は幅150mmのカーテンが2枚必要なのだけど
そのサイズは選択肢が限られたうえ値段と柄ともに折り合いがつかず
しかたがないので幅100mmのヤツを4枚使うことにしたのだが
これが意外とナイスだったのである

Photo_2


つまりカーテンの開け方にバリエーションが生まれ
いくつかのパターンを楽しめるようになったのだ
両サイドに分ければ普通 4つに分ければなんかお洒落
真ん中に寄せて3つにもできるし それをねじれば・・・中尾彬か(笑)
毎朝カーテンを開けるのが楽しくなること間違いなし
子供たちにも好評だし
カレイなヒラメきアジな開きなのである

ちなみに遮光カーテンではありません
陽の光を遮るなんてもったいないし 
灯りの漏れる窓も暖かいじゃないですか

家中のカーテンを替えたくなった8年目の秋
まもなく9周年を迎えます
色々あったかいから遊びにおいでよ(*´v゚*)ゞ


あ フトコロは別ね・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

今さらジローつぶやきシロー

ついに ついに ついに Twitterに手を染めてしまいました

今まで何となくスルーしてたんだけど やはり何となく始めてしまったのです

おそらくろくでもないことしかしかもたまにしかつぶやかないと思います

はじめたばっかで友達いません(^-^;

っていうか 使い方まだよくわかってません

アカウントは @tun155 でございます♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

Marathon Man

ずいぶん長い事ごぶさたをしておりました
半年ほどサボった後ちょっと別のサイトで
トレーニング記録&日記を書いたりしてました
とりあえず一家全員元気でやっております

ムスコは念願の公立高校へもぐり・・・いや すべり込み
課題や補習がキツそうだけど
楽しげに高校生活を送っています
弁当も毎朝作って送り出しています 
いまだコンビニ弁当の世話にはなっていません

ムスメは中2前期の成績が思ったよりふるわず 
それというのも宿題等の提出物が
出した 大丈夫 といっていたのが実は大ウソ 
もちろんこっぴどく叱りましたとも
今は毎日チェックの目を光らせてます

で オヤジは何を思ったか突然マラソンに目覚め
11/20のふじのくに新東名マラソンにエントリーしてしまいました
あ もちろんフルですcoldsweats01
6月末から走り始め今日までで走行距離は740kmほど 
高校時代もこんなに走らなかったな
48才にして初フルマラソンに挑戦なんて ホントどうかしてるけど
ましてや5時間以内に完走したいなんて ゼッタイ無謀な気がするけど
努力することと挑戦することの意味を父の背中から学んで欲しいのである

と言えばカッコイイけど 最大かつ真実の目的は
再び張り出しつつある腹をこれまた再度へこませることにあるのであった
でも だんだん長時間&長距離を走れるようになると
面白いし 気持ちがいいし 
何より前向きになれるし オマケで健康がついてくる
実は走り始めてからタバコを1本も吸ってない 
自然に欲しくならないのです
こんなことは初めてなのだが念のために言っておくと 
禁煙してるわけじゃなくて吸ってないだけなのである

冒頭の別のサイトというのがランナーが集まるJogNoteってとこでして
左にリンクがございますhappy01


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年12月31日 (金)

カオス

仕事も終わり紅白見ながら一家団らんのひと時
小腹がへった息子は昼の残りのカレーを
甘いものが欲しくなった娘はチョコを
ビールのあとの父はコーヒーを飲んでいた

「辛いモン食ってる時に甘い匂いがするのはカオスだ」と息子
すかさす娘「カオスってなに?」
待ってましたと父「ガメラに出てくる怪獣さ」

あ 2人とも無視しやがった…

仕方ないから自分で突っ込む
そいつはギャオスさ ふんっ

「だからっ! カオスってなに?」
「えーっと それは混沌ってヤツだな」
「コントン…?」
「なんちゅーか 色々混ざり合ってフクザツでビミョーというか あまりよろしくない状態って意味かな」
「コンソメ味とトンコツ味が混じったみたいな?」

…言うじゃないか 娘よ さすが父のDNAである

こうして我が家の1年は無事に終わりつつ
この暮らしもまる6年を迎え7年目が始まった
はえ〜なぁ〜

来年もおバカなこと言い合いながら3人で楽しく暮らせますように・*:.。. .。.:*・゜゚・*・*:.。. .。.:*・゜゚・*(^_^)☆


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

パンドラのツボ

まあ諸説あるが 箱でも壺でもいいじゃないか なんだったら瓶でもいい
ゼウスがパンドラに持たせたという説もあれば
もともとエピメテウスの家にあったという説もある
好奇心を与えておいて「開けるな!」ってんだから質が悪い
それがゼウスの狙いなんだけどさ
これがホントの思うツボ・・・ 

全ての災いが飛んでったのにどうして希望は飛んでいかなかったのか
驚いたパンドラがあわててフタを閉めたから
そんなミもフタもない・・・
第一それじゃ人間は希望を手にできないではないか
どうして希望は世界に広がったのだろう

実は最後に残ったのは希望ではなく「未来が見える力=災い」
ツボに入っていたのは全て災いだったのだ
未来を知ってしまえば ある者は努力を怠り 
ある者は生きる力さえ失うかもしれない
先が見えないからこそ人間は希望を持つことができる
だから結果として希望が残った 
という説もあるが 説というよりオチのような気がする

やはり たったひとつ残ったのは希望だと思いたい
飛んでいかなかったのにはワケがある
おとーさんはこう思うんだ

希望は人の手から手に伝わって広がるもの
心から心に伝わって生まれるもの
災いと違って突然どっからか降ってくるものではないんだ
人は誰かの心に触れて変わることができるのさ
だから 良い事も悪い事もあるだろうけど
楽しい事をいっぱい持ってる人と触れ合いたいものだ
特にあきらめてばかりいる人にはそんな友人が必要

というわけで 別にあきらめモードではないけれど
誰かボクに希望をください(笑)
なんてね 色々考え込んでちょっとツボにハマってるだけなのさ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

P.S I LOVE YOU

P S・・・

「追伸」ではなく「パワーステアリング」でもない

「Photo Shop」のことである

言わずもがなの画像編集ソフト

Macユーザーなら誰もが一度は通る道 たぶん・・・

そのPhoto ShopがiPhoneのアプリに登場した しかも無料である

早速そのPS Mobileを使ってみたところ

これがまた面白い!

Img_0270
こんな画像が




Img_0269

ものの数十秒でこんなふうに

おもわず壁紙に設定 

ゲームアプリなんかより楽しめる

年賀状はコイツで・・・

と ふと思った いや 気がついた

そろそろ作らないとな

5年前の今頃は 子供達と3人の暮らしが始まった直後だった

どんな年賀状を作ったのか覚えていない 自分は写ってなかった気がする

突然 人数が少なくなった年賀状を見た人はどう思っただろうか

一応年賀状は手書きで一言添えるようにしている

「全部元気です!」とか

「明けましたねおめでとう!」とか

「賀正〜ん!」とか

毎年悩むのである 今年は何て書こう やっぱアレだな

「今年もよろずや〜!」

東京DOGS観てなきゃすべるな

P.S

シングルパパ6年目に入りましたとさ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

Rich man poor man

唐突に娘が言った

「ねえ ウチって貧乏なのか金持ちなのかわからない時がある」

なんじゃそれ(笑)

「お父さんいつもお肉とか半額のものしか買ってこないじゃん」

そうとも!冷凍するから関係ないし 
もはや値引きシールのない肉に魅力は感じない体質になってしまったのさ

「最近はお客さんも減ってるって言ってたよね お給料も減ったって」

まあね 不景気な世の中だしお客さんも節約してるんだよ

我が家では経済状況は子供達にも説明することにしている
家族全員が節約の自覚を持つことが大切だと思ったからである
携帯もパケ割だからといって上限までフルにつかわれたらかなわない

「でもKちゃんはウチが金持ちだって言ってるし ごちそうも出て来る」

まあ確かに他人が見たら裕福に見えるのかもしれない
一戸建てに住みクルマも2台ある しかも1台は左ハンドルだ
いちいち13年落ちの中古車で国産車より安いなんて説明してまわっちゃいないし
超ローコスト住宅だって看板も出してない

それにしても ごちそうかい(笑)
そう見えるだけさ お金はかかってない
昨日はテレビで覚えた「お好みラザニア」を作ってみた
お好み焼き粉でつくるラザニアである
ホットプレートで少し厚めのクレープ状に生地を何枚も焼き
ミートソースとホワイトソースを交互にはさみ重ねていく
最後にホワイトソースを全体にかけチーズをのせてふたをする
チーズが溶ければできあがり ちょっとクリスマスっぽい
ミートソースは98円のレトルトでホワイトソースは初めて作ってみた
それも豆乳で だって牛乳は誰も飲まないんだもん
まあ給食で飲むから家では無理に飲ませない 豆乳はもっぱら自分用である
なので牛乳を使う料理はすべて豆乳で代用している
おまけにバターではなくマーガリンである
やけにあっさりしたホワイトソースだがチーズがこってりしてるからいいのさ
そんなラザニアもどきだが 食感はまさしくラザニアだし 
ミートソースとチーズの組み合わせが子供達の口に合わないわけがない
案の定好評なのであった

注意点は 最後にホワイトソースで終わるために
生地が偶数の時はミートソースから
奇数の時はホワイトソースからかけ始めないと交互にならない
失敗して気がついたのだが
なんのこっちゃ である

子供達にはひもじい思いはさせたくないから色々工夫はするけど
不注意からの出費にはさすがに叱るときもある
先日はボーイスカウトの制帽を電車に置き忘れた娘
幸い見つかったけど隣の県まで行っちまった
さすがに取りに行けないから着払いで送ってもらったのだが
帽子ひとつの送料が宅急便で 740円・・・
注意さえしてれば払う必要のないものだから余計高く感じる
ちょっとキツめに言い聞かせたその晩 ベッドの横に小さな封筒があった
「ごめんなさい」と書いてあり中には500円玉と100円玉それに10円玉が10枚
700円は娘のひと月のお小遣いより多い額
ちなみに6年生だからってことで毎月600円あげている
毎年100円のベースアップなのだ  
時々ジジババからも貰うらしいが 少ないお小遣から貯金箱にも入れている
相当反省したに違いない娘 まさか受け取れないよな
翌朝 こんなことしなくていいよ 次からは気をつけような
そういって小さな封筒を手渡した 黙ってうなずく娘
お金ではなく思いやりを貯金していたのだな 
ありがとうな

どこからが金持ちで どこからが貧乏かなんて線は引けない
でも心の貧富のラインなら明白である
希望を失った時からが貧乏なのさ

「待て、そして希望せよ!」

ちなみに原題(仏)は Le Comte de Monte-Cristo,
へへ ちょっとおこがましいか(笑)

そう だから今週も希望に向かって挑戦せずにはいられない 

6つの数字に!

って・・・なんか違うじゃねーか!

いや 実に俺らしい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

確率

Img_0186_4

富士山に笠雲がかかると雨が降る
山麓の住人ならば誰もが知っていること だと思う
まあ100%じゃないけど おおむね当たったりする
あまりに見事な笠雲だと地元のテレビニュースで紹介もされる
こんな薄いベールのような笠雲もめずらしい
きっと富士山写真の愛好家はこぞってカメラを出したに違いない 
シャッターチャンスはそう長くない 数分後には別の姿になってしまうのである

この日は降水確率も50%だったので 洗車しようと思っていたがやめといた
結局降らなかったのだが きっとどこかで降ったのだろう 1ミリでも降れば降水である

そもそも降水確率って? 人によって認識が違ってたりするから面白い

「降水確率50%なら その予報区域の面積の半分は雨が降る」
そうなのか?

「12時〜18時の6時間が降水確率50%なら3時間は雨だ」
それはアヤシイ気がする(笑)

「過去の統計から同じような天気の場合に50%の日数が雨だった」
うん まあそれなら納得 しなくもない

「気象予報士のカン」
ああ これいいなあ 個人的にはこうであってほしい

高校のワンゲル時代はインターハイなんぞにも出た(ただの県予選であるが)
ラジオの気象情報を聞きながら天気図の作成もした(まったく覚えてないが)
天気図から予報しなくちゃいけないのだが かなりデタラメだった気がする
そんなモンよりカンが頼りだった

一応朝はテレビで天気予報を見て必要なら子供に傘を持たせるが
見忘れたら とりあえず富士山を見上げる 西の空も見る 
前日が夕焼けだったかどうか思い出す
そんなパパ予報はかなりの確率ではずれ 子供達はかなりの確率で学校に傘を置き忘れる
統計的には息子の方が置き忘れる率が高い

温暖化の影響はやはりあるのだろうか? 過去の統計はアテになるのか?
遊ぶ事しか考えてないみたいだが 雪が多いか少ないかは気になるところである
去年新調したスタッドレスタイヤはまだ活躍していない
せいぜいスキー場の駐車場が凍っていた程度で道中はまったく雪がなかった
一度も雪道を走らずにすり減っていくのは 自分の性格上なんか嫌だ(笑)

ちなみに 帰宅後にオヤジのカミナリが落ちる確率は40%前後である
やはり統計的に息子に落ちる確率の方が高い 娘は何かと要領がいいのである
子供達はこの落雷確率を予想しないのだろうか 
コレをやったら怒られる アレをしてなきゃうるさく言われる
わかってるくせにできていない 何度言ってもやってない 
まあできすぎた子供も気持ちが悪いけど

そして時々反撃をくらう
「なんで親って さあやろうって思った瞬間にうるさく言うんだ!」と息子
「そうそう!」と娘
「いつもいつも すごい確率で言われるし!」と息子
「せっかくヤル気になったのに そういうのってすごく嫌な気分がする!」とさらに息子
「うんうん!」と娘
「だいたいお父さんだってこの前頼んだこと忘れてるじゃん!」と息子
「あるある!」と娘 

って オマエついでに言ってるだけだろ

おっと なんか雲行きがあやしくなってきたゼ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

希望の轍

また弁当ネタか?(笑)

だってさ 夏休み終わってから毎日作ってんだもん

それというのも「まったくもう!」な事情があるわけで

小学校の給食室がリフォームしてて10月半ばまで工事が終わらないらしい

給食のおばちゃんは休職なのか・・・

いや それはどうでもいいんだけど

そんなわけで毎朝5時起きで弁当作ってるのである

土曜日も息子が部活で弁当持ってくし 作らなくていいのは日曜日だけ

毎日弁当なんて 高校に行くまでは大丈夫って思ったのに

それも高校だったら 学食やらパンの販売やら買い食いやら

なんとかしのぐこともできるけど小学校はそうはいかないじゃん!

なあ娘 たまには手ぇ抜いてもいいかい?

「わかった!おとーさん”ほっともっと”でおかずだけ買って詰め替えるんでしょ!」と息子

甘い! 第一そんなに朝早くからやってねえし

24時間営業のスーパーで半額弁当買ってそれを詰め替えるのだ

「え~!ひどい!そんなのイヤ!」と娘

それかさ 途中の7-11で弁当買ってもいいぜ 家庭科室でチンすれば?

「無理!だめ!おとーさんはウチがかわいくないの?かわいい娘の為じゃん!」

はい おっしゃるとおり そんなこたぁさせませんって

でさ 今日の弁当はうまかっただろ 何しろ一番うまそうな冷凍食品を選んだんだぜ

「そんなこと自慢げに言うな~」と息子

ん?自慢げ?それはどんな毛だ?どこにはえてる?

ちなみにおとーさんは背中にはえてるぞ 見るか? と服をまくる

「やめろ~見たくね~」 「バカ!ヘンタイ!」 と息子と娘

とまあ とても楽しい我が家の夕食タイムなのである(笑)

ただのバカオヤジだけど いいんだ笑顔の為さ

弁当作りのイキオイでパンも焼いてみた 初の試み

前からパン作りをしようと材料は用意してあったが 気がつくと1年くらい経っていた

ホームベーカリーなどないがレンジに発酵機能があってレシピもついている

で 完成品 あかんべーしてるヤツもいやがって なんか腹立つ

Img_0053基本のロールパンのつもり 初めてにしちゃ上出来かな 

ちょっと硬い気がするけど ちゃんと食べ物になったし 

味がないと言われたけど 菓子パンじゃないし

少しずつ上手になってけばいいや そうのち種類も増やそう

色々まぜたり包んだり あ なんかハマるかも 懲りない凝り性なのさ

強力粉を片付けながら気がついた うっ・・・賞味期限・・・

と~っくにきれてました でも気にしない気にしない 

だってまだたっぷり残ってる そういうモンダイなのである(笑)

さて 明日の弁当は何入れよう♪

どうか娘がお腹こわしませんように・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

夏の終わりの贈り物

娘がくれたプレゼント

小さな小さな 手のひらサイズのフェルトのお守り

小さく小さく 折りたたんだメッセージが入ってた

うん 俺は間違いなく 幸せだ


Img_1165_4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧